のぼりが集客を見込める理由について

のぼり旗の素材をご紹介

のぼり旗は広告として使うもので、ポールに旗状の広告が付いていて、ポールはコンクリートの塊でしっかりと固定されているため、風が強い時でも倒れる事なく広告として利用出来るアイテムです。
のぼり旗には対候性の高い生地としてテトロンポンジ生地やスウェード生地などが使われる事が多いのです。
テトロンポンジ生地はポリエステル100%素材、風になびくように軽い、透過性の高い生地であり裏面からでも絵柄や文字がはっきり見えると言う特徴があります。
これに対し、スウェード生地はポリエステル生地を2枚重ねて、遮光性を持つ素材を挟んでいるため、テトロンポンジ生地よりも厚くなりますが、生地自体が柔らかい、両面印刷が可能になるなどのメリットを持ちます。

移動が可能なので誘導広告としての利用も可能

のぼり旗広告のメリットは誘導広告として利用出来る点です。お店の看板などの場合は一度設置を行う移動する事が出来ませんが、のぼり旗の場合はコンクリートの土台ごと移動が出来ます。
道路沿いに数カ所設置を行え、お店への誘導、分譲住宅のモデルルーム会場への誘導にも便利です。
スウェード生地を使う場合には両面印刷が可能になるため、両面同じ広告を掲載する方法とそれぞれの面に異なる広告を掲載出来ると言った選択肢もあります。
対候性が高い素材ののぼり旗を使っておけば、雨が降っている時でも広告としての役割を果たしてくれますし、台風などの強風の時にはポールをコンクリートの土台から外して回収しておけばのぼり旗が飛ばされる心配も要りません。